動きたくなくなる?!座卓スタイルだからこその快適空間

ラグを置いてみたい、でも我が家は和風スタイルだから!とか、ラグはソファーがある家、ダイニングテーブルのある家の方が似合うだろうから!と思っておられませんか?

しかし、座卓スタイルの方こそ、肌触りを実感でき、どこにでも座れるラグはおススメです。ラグの魅力を感じられる座卓スタイルコーディネートをご紹介します。

和空間でも使えるホワイトラグ

ラグというと、洋風なイメージが強いため、座卓どころか和空間では使えないのではないか、と思われる方は少なくないかもしれません。しかし、こちらのお宅では、そのイメージを払拭するかのように、上手にホワイトラグを使っていますね。黒のモダンなテーブルともコントラストがピッタリで、空間にスポットを当てる粋なコーディネートになっています。

 

 

カラーラグや柄があるラグだと和空間には、どんなものが合うか考えなければいけませんが、ホワイトのラグであれば、板張りの上や畳の上でも、比較的違和感なく置くことができ、テイストや場所を選びません。さらに、シャギーラグなど厚めのラグを選ぶことで、座布団も必要なく、好きなところに自由に座ったり寝転がったりできるという点でも便利です。

ソファーと座卓のいいところ取りで快適さUP

腰をかけられるソファーも置きたいが、疲れたら地べたにも座りたいという方は少なくありません。そんな時に役立つのがラグです。テーブルを中心に大きなラグを敷き、床に座れる空間を残したうえでソファーを配置することで、ソファーと座卓のいいところ取りができて、動きたくなくなるような快適空間を生みだせます。

こちらのお宅のようにブラウン系の和洋折衷なスタイルのお宅でも、ラグを敷くことで、和を感じさせる円卓にも洋を感じさせる暖炉やソファーにも馴染む空間になり、和モダンスタイルに仕上がっています。

 


こちらもソファーの前に円卓を囲むように敷かれたラウンド型のシャギーラグは、低めのテーブルで座卓スタイルを楽しむのにピッタリな配置になっています。ソファーの上に置かれたクッションが白なので、ラグとの統一感が出て、テーブルの黒が重たくなりすぎず、むしろアクセントになっています。実用性の面からしても、モダンな土間やタイルの床の場合は特に、座卓スタイルに向いていませんがシャギーラグがあることで、床に座っても痛くない環境にすることが出来ます。しかも、ウール100%のシャギーラグであれば、肌触りが良く、断熱効果や調湿効果によって床の冷たさを感じづらいうえ、湿度の影響も受けないので快適に過ごせます。汚れても洗うことが出来るので、座卓での飲食も気にならないというのも良いですよね。

 

 

洋風なイメージから座卓には適さないと思われがちなシャギーラグですが、ラグの上に座って、直接肌触りを感じられる座卓スタイルだからこそ、快適な機能をもつシャギーラグはおススメです。ホワイトラグであれば、和空間でも合わせやすいですし、ソファーがあっても、ラグの外側にソファーを置いて、ラグに直接座れる空間を作ることで、和洋折衷な心地良い空間にすることが可能です!