シャギーラグでコーディネートするマイホームオフィス&マイデスク

パソコンひとつで、またリモートで仕事をするスタイルが増え、自宅をオフィスとして使ったり、仕事用のデスクを置いたりする方が増えています。そんなマイホームオフィスやマイデスクと、シャギーラグを使ったコーディネート、オフィスを作る方法を見てみましょう。

シャギーラグでオフィス空間を作る

 オフィス、書斎といった仕事のための個室がない場合でも、仕事用のデスクの下にシャギーラグを敷くことで、オフィス空間を作り出す事が出来ます。リビングの一角や寝室の一角に、デスクを置くだけではなくシャギーラグを敷くことで、壁がなくても仕事のスペースという区切りを作ることが可能です。


仕事のための個室がある場合でも、このようにデスクの下に敷くことで、作業場や自分の場所という視覚的な特別感を出せますね。来客がある仕事の場合などは特に、お客様の座る場所と自分のデスクの下、どちらか一方にシャギーラグを敷くことで、客間や応接室が無くても区別を付けることができます。部屋全体に敷くカーペットではなく、好きなところに敷くことが可能なラグだからこそ出来るコーディネートです。


リラックスしたホームオフィス作り

自宅に本格的なオフィスがある場合も、シャギーラグを使ってコーディネートを楽しむことが出来ます。仕事中はパソコンに向かっているだけなので、空間の狭さは気にならないという方も多いかもしれませんが、リラックスモードで仕事が出来るのは自宅だからこその特権と言えるかもしれません。肌触りの良さや、高級感、空間を明るく華やかにするといった毛足の長いシャギーラグがもつメリットを上手く活用してマイホームオフィスを彩りましょう。


このオフィスのように、大きくどっしりとしたデスクやキャビネットを置くと、思った以上に部屋が狭く感じる場合があります。しかし、足元にホワイトのシャギーラグを敷くことで、部屋全体を明るく開放的な雰囲気に変えてくれています。また、デスクチェアの出し入れでフローリングを傷つけることを防ぐという点でも効果的です。


反対に、このようにデスクの足元ではなく、デスクとは別の場所にラグを敷くというコーディネートも自宅ならではの楽しみ方です。自宅で仕事をしていると、メリハリや切替えが難しいと感じ、アロマオイルの香りや、音楽を変えることで、仕事モードからリラックスモードに切り替えるようにしているという方もおられます。


同じように、ラグの場所によって足から感じる肌触りで、仕事モードを一度OFFにしてリラックスするスイッチが入るようなレイアウトにすることも出来ます。素足で過ごせる自宅だからこそ出来る切替え方法ですね。 書斎が無いお宅でも、シャギーラグを上手にレイアウトすることで空間を区切り、マイホームオフィスを作り出すことが可能です。


シャギーラグを使って応接間を作ることや、仕事モードとリラックスモードの切り替えポイントを作ることも出来そうです!自宅での仕事の環境作りを、シャギーラグを加えてコーディネートしてみてはいかがでしょうか?