ミッドセンチュリーな家具好き達が使いたくなるシャギーラグ

チャールズ&レイ・イームズやジョージ・ネルソンといったデザイナーたちが活躍した1940年~1960年代のデザインを取り入れるミッドセンチュリーコーディネートを楽しむ方にとって、インテリアを彩る家具は重要な役割をします。お気に入りのデザイナーズ家具を部屋に飾り、愛用するミッドセンチュリーコーディネートは、今も変わらず長年インテリアの世界で愛されています。

そんな家具好き達から、同じくシャギーラグも愛されています。ミッドセンチュリーな部屋で使われているシャギーラグとのコーディネートを見てみましょう。


家具を愛するからこそ選ばれるラグ


ミッドセンチュリーを代表する家具はハーマンミラー社から多く発売されていますが、そのひとつが、イームズ夫婦がデザインしたこのラウンジチェアです。名作とも言われるラウンジチェアを見て、ミッドセンチュリーが好きになったという方や、その座り心地とデザインに一目惚れして部屋に、このチェアだけを飾るように置きたい、チェアが主役になるようなコーディネートをしたいと思う方も少なくありません。

そんな、主役を際立たせるためのラグとも言えるのが、シャギーラグです。曲線が綺麗なプライウッドに、品のある牛革で出来たラウンジチェアは重厚感や高級感があるので、カジュアルなラグではせっかくのチェアがつり合いません。

しかし、チェアとオットマン全部が入る長方形のシャギーラグを、チェアを置いている部分だけに敷く事で高級感がアップし、自分だけの特別な空間を作り出してくれています。


アクセントカラーを惹きたてるアイテム

 シックな落ち着いた雰囲気のあるラウンジチェアとは対照的に、オレンジや赤、黄色などのビタミンカラーをアクセントとしたチェアを取り入れるのもミッドセンチュリーらしいコーディネートです。


この部屋でも、ホワイトを基調とした空間でパープルのチェアが存在感を放っています。それを手助けしているのが、ホワイトのシャギーラグです。プラスチック素材のテーブルは、これもまたミッドセンチュリーを彷彿とさせるテーブルですが、カラフルなラグを敷いたり、原色の家具が多かったりするとポップすぎる印象を与えてしまいます。


しかしチェア以外はグレートーンで抑えたコーディネートをしているので、毛足の長いシャギーラグを組み合わせることで、高級感のプラスされたモダンで大人な空間に仕上がっています。


こちらの部屋ではホワイトのシャギーラグが、家具にスポットライトを当てるように、グリーンのチェアを惹きたててくれています。ラグを敷かずフローリングだけにすると、ウッドの天板のテーブルやイスが目立たなかったり、シックになりすぎてレトロな要素が強くなったりしますが、シャギーラグを入れることで、ミッドセンチュリーの持つ、ポップさや生活に密着したカジュアルさを出すことにも役立ちます。


ホワイトで合わせやすく、かつ高級感を保つシャギーラグは、今後どんな色の、どんなデザインの家具が増えても対応できるというのも、家具好きにとって使いたくなるラグのポイントです。 デザインや使い勝手にこだわって作られたミッドセンチュリーの家具は一生モノとして愛用されています。


メンテナンスをしながら長くこだわりの家具を使う方にとって、部屋をコーディネートするものは家具以外も長く大事に使っていきたいものです。その点でも、お手入れをしながら長く使っていけるウール100%のシャギーラグは、ピッタリとも言えます。