アウトドアリビング・ベランダリビングの コーディネートに欠かせないラグ

家にいながら、デッキやベランダ、テラス、屋上を活用してアウトドア気分を味わうことや、室内リビングだけでなく、デッキやベランダでも食事や家族団らんを楽しむために第二のリビングとして使う、アウトドアリビングを取り入れている方が増えています。

ベランダやテラスをリビングのように使うためには、テーブルやベンチといった家具が必要ですが、そんなコーディネートには、ラグも欠かせません。アウトドアリビングをおしゃれにするラグのコーディネート術や、メリットを見てみましょう!

ラグを敷いてリビング感をアップ!

ベランダやテラスにテーブルやベンチ、ソファを置くだけでも、アウトドアリビングとして使えるようになりますが、ラグを敷くことで、いっそう落ち着いた雰囲気にすることができ、床の仕様に関係なく、リビング感を増すことが可能になります。ベランダやテラスでは、アウトドア用のガーデンチェアやテーブルを使うことが一般的ですが、本格的にリビング気分を味わうために、屋根や雨よけがあるお宅では、重厚感のある室内用の家具を使う方も増えています。その点で、ラグを活用すれば、家具の脚やベランダの床への傷防止になります。そのため、家具を外だけでなく室内やインナーテラスなどで兼用している方もいらっしゃいます 

また、ラグであれば、常に出しっ放しにせずに、雨天時や必要の無い時はくるっと丸めて、倉庫や室内に保管しておくことも出来ますし、埃やゴミがついても、簡単に掃ったり、洗って干したりすることもでき、ベランダの床をリビング仕様にリフォームする必要もなくて便利です。季節や好みに合わせてサイズや色、デザインを交換することも簡単に出来ます。

デッキや縁側に広げてのんびりと♪

ベランダやテラス以外にも、こちらのお宅のようにウッドデッキにラグを敷いて庭や自然を眺めながら、のんびりできるアウトドアリビングもステキです。 デッキや縁側であれば、ソファやベンチが無くても、ラグの上で寝転がってお昼寝するにも最適です。小さなお子さんが座って遊ぶ点でも、柔らかく、安心です。また、これからの季節、少し寒くなってくるので、シャギーラグなどの毛足の長いラグにしておけば、足元を冷やすことなく暖をとることも出来ます。

こちらでは、デスクを出して仕事をしたり、ハンモックやチェアをだしてリラクゼーションスペースにしたり、ベランダでリビング以上の使い方を楽しんでおられる様子が分かりますね。ベランダもひと部屋として活用することや、コロナ禍で在宅勤務やリモートワークが増えているので、家の中で、メリハリを付けたり、雰囲気を変えリラックスモードで仕事を楽しめる環境をベランダで行うことも出来るかもしれません。足元にラグを敷いていれば、土足に履き替えることなく室内履きで部屋から行き来ができたり、リラックスした雰囲気を作ったりするうえでも効果的です。

こちらのお宅のように、ベランダサイズに合わせた長方形のラグを全面に敷くことも出来ますし、あえてラウンド型のラグで、休憩スペースと仕事スペースをベランダやテラス内でも空間を区切るように、部分的に敷くことも出来るかもしれません。また、イスにあるシャギーブランケットに合わせて、シャギーラグをコーディネートすれば、ベランダリビングのインテリアも統一することも出来るかもしれませんね。

ベランダやテラスにラグを敷くことで、家にいながらアウトドア気分を味わえるアウトドアリビングを、いっそうおしゃれに快適に、過ごせるようになります。また、ラグによって、殺風景なベランダでも、ひと部屋増えたかのように居住空間として使えるようになります。ラグを使って、アウトドアリビングをコーディネートしてみてはいかがでしょうか?