シャギーラグ専門店のインテリアブログ

インナーテラスや土間にラグを敷いて使い勝手をアップ!

インナーテラスや土間にラグを敷いて使い勝手をアップ!

昔ながらの日本家屋のように土足のまま家の奥まで入れる広い土間スペースや、天気に影響されることなく洗濯物を干したり植物を楽しんだりできるインナーテラス、アメリカンスタイルの土間リビングなど、室内にタイルやコンクリートで土足のまま過ごせるスペースを設けているお宅が増えています。 では、インナーテラスや土間にラグは敷いていますか?土足で過ごす場所にラグ?と驚かれるかもしれませんが、ラグがあるとさらに便利な部屋になることをご存知でしょうか?土間とラグのコーディネートや、メリットをみてみましょう! 土間こそラグが使える!? 自然豊かな庭と繋がるインナーテラス部分にシャギーラグを敷いています。グレーのタイルにブラックの革のソファーの組み合わせの中で、ホワイトのラグがアクセントになり、モダンながらも温かなコーディネートになっていますね。 place architecture:design - サンルームの写真はこちら - Houzz 素敵なコーディネートもさることながら、ラグがあることで、インナーテラスの快適さもアップしていることにお気づきでしょうか?ソファーやイスに腰掛けての癒し空間が、ラグがあることで床に座ることも出来ます。土足の空間だからこそ、ラグの利点が発揮されています。 また、インナーテラスをペット達のスペースとしているお宅では、イスに座ることが出来ないペット達が、足を傷めることなくくつろいだり、土間のひんやり冷たい空間とラグの温かな空間を使い分けて寝たり、ペット達にとってさらに快適な空間を作るうえでの便利さも感じておられます。 身支度を整えやすいシューズインクローゼットに! こちらのお宅のように、玄関横に土足で入れるシューズインクローゼットを設けているお宅でもラグは活躍します。帰宅後、靴やアウターを脱ぎたいけど両手いっぱいの荷物で手がふさがっている、しかも土間には置きたくない、という方も少なくありません。専用の棚が無くても、シューズインクローゼットの一部にラグを敷いておけば、荷物をすぐに置くことが出来ます。 また、幼いお子さんは靴を立ったまま履くのは難しいかもしれません。ラグがあれば、地べたに座って自分のペースで履くことが出来ます。さらに幼い抱っこが必要な子も、ベビーカーに乗り降りする前にラグの上で座って待ってもらうことができ、大人も落ち着いて身支度を整えやすくなります。 さらに、ラグの良いところは、邪魔な時は取っ払うことも、畳んで必要なサイズだけにすることも、場所を移動させることも出来るという点です。シューズインクローゼットの中を土間部分とフローリング部分に分けて作ることも出来ますが、自転車やベビーカーなどの大きなものが必要な時期には土間部分が広い方が便利ですが、ベビーカーが必要無くなると、フローリングや収納部分が広い方が良いかもしれません。ラグであれば、その調整をリフォーム無しに行うことが可能です。 Mitra Designs Studio Collaborative - 玄関の写真はこちら - Houzz 最近は、インダストリアルテイストなど、無機質なインテリアコーディネートを楽しんでおられる方を中心に、マンションを含めリビング全体を土間にしている、土間リビングスタイルのお宅も人気です。生活の洋式化が進み、イスでの生活が中心なのでキッチンやダイニングテーブルでは問題ないかもしれませんが、やはり、靴を脱いで安らげるスペースもあると便利です。こちらのお宅のように、ソファーの前や子供が遊ぶスペースにラグを敷くことが出来るかもしれません。 土間リビングの場合も、フローリングをあえて張らなくても、家具のレイアウトに合わせてラグを移動できるので、コーディネートの幅が広がるというメリットがあります。 Hudson Street Design -...
続きを読む
セカンド洗面台や手洗い器をラグとコーディネート

セカンド洗面台や手洗い器をラグとコーディネート

ウィズコロナ生活に伴い、感染対策として玄関ホールや廊下にセカンド洗面台や手洗い器を設けたというお宅は少なくありません。しかし、後付けした手洗い器がインテリアに馴染まない、生活感が出てしまって、感染対策とはいえ後悔しているということはありませんか?そんなときは、手洗い器専用にラグを敷いてみるのはいかがでしょうか? ラグがあれば手洗い器がインテリアに馴染む! 今まで、洗面脱衣所にあった洗面台を玄関ホールや廊下に設置すると、どうしても生活感が出てしまう印象があるかもしれません。しかし、床にラグを敷くことで、洗面台がインテリアに馴染む家具のような雰囲気になり、インテリアコーディネートを壊さずにすみます。 Bates Masi Architects LLC - 浴室の写真はこちら - Houzz 写真のお宅のように洗面台に立った際の足元部分だけに小さめのラグや長方形のラグを敷くことも出来ますし、手洗い器のサイズにあわせた大きめのラグを敷くことで、間仕切り壁が無かったりしても、手を洗うための特別な空間づくりが行えます。また、廊下などの通路でも、ラグがあれば足で触れることで洗面台の前に居ることを感じ、子ども達の手洗い習慣を身につけることや、手洗い器の前に真っ直ぐ立つ意識をするうえでも役立ちます。 床を保護して清潔感もプラス 小さめの手洗い器を設置したことや、室内に洗面台を設けたことで、床への水はねが気になっているという方も多いのではないでしょうか?洗面脱衣所に使うような水に強いクッションフロアの床ではないお宅も多いかもしれません。そのような場合は、ラグを敷くことで水はねから床を守ることが出来ます。 しかし、水回りにラグを敷くと、床を守るどころか、じめじめしてカビやダニの発生原因になってしまわないだろうかと、心配されるかもしれません。そのような場合は、ラグの中でもウール100%のシャギーラグがおすすめです。FLOKATIのシャギーラグはウール100%なので、人間の髪の毛と同様キューティクルがあり、撥水性に優れています。しかも、自然素材がもつ調湿機能で蒸れない環境を作り出してくれるので、水回りに置いても1年を通していつでも、サラッとした触り心地を保てます。 Quad City Kitchen & Bath Boutique - 浴室の写真はこちら - Houzz   こちらのお宅のように、洗面脱衣所やトイレとワンルームになっている洗面台部分にラグを敷くこともおススメです。水回りやタイル床特有の足元の冷たさや硬さを軽減し、温かさを演出することが出来ます。また、リビングなどの室内に比べ、内装材のデザインの選択肢が少ない水回り空間でも、ラグによって高級感やラグジュアリーなインテリアを作ることが出来るという点でも効果的です。しかも、小ぶりのシャギーラグであれば自宅で水洗いも出来るため、清潔な状態を保てます。   Carolina Stone...
続きを読む